HOME > 自らの自由と表現のために

インディーズから世界へ発信する

自らの自由と表現のために

インディーズバンドというとメジャーデビューできないバンドだと考える人もいますが、それは間違いです。インディーズバンドとは「メジャー・レーベルに所属していないバンド」というだけで、活動内容やジャンルはメジャーと変わりません。また、アマチュアバンドの多くはプロになることを目指していると考える人も多いでしょう。実際、アマチュアバンドに聞けば、「メジャーデビューが目標である」という答えが返ってくるかもしれません。それはメジャーデビューが自分たちの楽曲やスタイルが認められた結果だと考えているからでしょう。ですがインディーズバンドは、むしろ自分たちらしい音楽やスタイルを続けるためには、メジャーに属することはデメリットであると捉えているはずです。

CDの制作費や広告費、活動費を賄ってもらえて、知名度も桁違いに高くなるのに、メジャーデビューの何がデメリットなのかというと、まずレコード会社は企業であり、企業は「利益」を追求するという前提があります。そして資金を提供する代わりに、売れるものを作りなさいという指示を出すものです。「売れる」ために、時にはバンドの音楽性や活動路線の変更を求められることもあるでしょう。つまりある意味自分達の「自由」や「表現」と引き換えに多くのリスナーやファンを得て、さらなる資金を獲得するか、「自由」と「表現」を選ぶ代わりに自前の細々とした資金で活動を続けるかが、メジャーかインディーズかの違いなのです。そしてそれこそインディーズバンドが「メジャーデビューを選ばない」最大の理由でもあるのです。

バンドの考え方次第ですが、メジャーデビューは必ずしも「幸運」ではなく、資金が不足して不自由なこともまた「不幸」とは限りません。もちろんデビューして、音楽性やスタイルを変えられてしまったものの大成したバンドもいるでしょう。ですが、インディーズバンドは不確かな未来ではなく、今の自分たちを信じて活動することを選んだバンドだとも言えるのです。