HOME > 需要に応える方法を選ぶ

インディーズから世界へ発信する

需要に応える方法を選ぶ

インディーズバンドの多くが抱える問題のひとつとして、豊富な活動資金があるとは言い難い状況があるでしょう。独自の音楽スタイルを貫くためにインディーズ活動を選んだデメリットのひとつが「資金不足」であり、いかにしてそれを賄うかで頭を悩ませているインディーズバンドは多いかもしれません。収入源のひとつであるCDは、CD自体の需要が低下していることから、この先も制作し続けるべきかどうか頭を悩ませている関係者もいるでしょう。インディーズのCD販売ルートは限られており、インディーズ・レーベルを取り扱ってくれるレコード店や、委託制の通信販売会社などもありますが、どちらも手数料などを取られることから、メリットはあまり大きくありません。

ですが、ダウンロード販売であれば、売り上げのすべてを活動費へと回すことができます。近年、人々が情報収集のほとんどを行っているスマートフォンやタブレット端末は、ミュージックプレイヤーとしての役割も担っています。そうした端末の利用者に向けてCDを制作・販売する方法からダウンロード販売に切り替えることは需要に応え、より多くの人々に作品を届けられる方法だと言えるでしょう。まずは「公式アプリケーション」を作成し、ダウンロード販売のシステムもそこに組み込むことをお勧めします。公式アプリケーションの制作ツールを提供している企業はいくつかありますが、中でも、いくつかのパーツを選んで申し込みをするだけで簡単に作ることができる「エーステクノロジー」のツールは、使い勝手が良いことからお勧めです。

公式アプリケーションを利用すれば、バンドのスケジュールや近況、チケットの販売方法といった情報のすべてを一括して提供できるようになることから、バンドだけでなくファンにとってのメリットも望めるでしょう。公式アプリケーションをまだ活用していないのであれば、ダウンロード販売を始める機会に作成してみてはいかがでしょうか。