HOME > 公式アプリで得られるメリット

インディーズから世界へ発信する

公式アプリで得られるメリット

インディーズバンドという言葉を耳にしたとき、「メジャーのバンドと何が違うのだろう」と疑問に思った人は少なくないでしょう。インディーズとメジャーの違いは、実際にはほとんどないのです。日本レコード協会に加入しているレコード会社に所属すればメジャー、それ以外のレコード会社に所属しているならインディーズというだけで、会社の規模の差はあれど活動内容などに差はありません。ただし、メジャーという環境は活動資金の多くをスポンサーであるレコード会社に賄ってもらえるということですが、同時に多くの制約を負わされるということでもあります。ですから独自のスタイルで独自の音楽を続けたいと考えて、インディーズのまま活動することを選んでいるバンドもいるのです。中には優れた音楽性や実力を買われてスカウトされるバンドもいますが、メジャーになることによって失われるメリットを考え、インディーズ活動を続けているバンドもいるでしょう。

しかしそうして独自路線を貫くということは、豊富な資金を諦めるということでもあります。ライブのための活動費だけでなく、宣伝費やCDの製作費も自分たちで工夫して得なければなりません。そこで、活用して欲しいのが公式アプリケーションです。

公式アプリケーションを作成すれば、ファンにいち早くライブや新譜の情報を伝えることができますし、これまでに制作してきた音楽作品をダウンロード販売に切り替えられます。もちろん、動画配信や近況を伝えるためのSNSとリンクさせることも可能です。公式アプリケーションを作成することにより、CDの製作費を削減し、余剰在庫の管理もしなくて済むようになるでしょう。

近年、公式アプリは多くのアーティストがファンとのコミュニケーションに活用しているだけでなく、作品の販売にも役立てています。アプリケーション作成ツールを提供している企業はいくつかありますが、エーステクノロジーが提供しているツールは誰でも手軽に作成できると人気が高いようです。