HOME > 意志を貫くこと

インディーズから世界へ発信する

意志を貫くこと

「インディーズバンド」もしくは「インディーズ」という言葉を聞いた経験のある人は意外と多いのではないでしょうか。そして、その意味を「メジャーデビューができないバンド」と捉えている人も少なくないかもしれません。ですが、インディーズバンドの中には主義主張があってメジャーデビューをしない、することにこだわっていないバンドというものも存在します。なぜメジャーデビューしないかというと、デビューをすることで失われるメリットというものもあるからです。では、デビューをすると、どんなデメリットがあるのでしょうか。

例えば企業が出資をする場合、出資先の持っている技術なり製品なりが優れているからという理由が多いものですが、「お金を出すので、とにかく良い製品を作り続けてくれればいいです」と出資をする企業はそうそうありません。「金も出すが、口も出す」という形、例えば出資先の筆頭株主になって今後の運営や企業路線について意見することも多々あるでしょう。つまりメジャーデビューをするということは、レコード会社から制作費用を出してもらえる代わりに、活動路線について指示されたり、楽曲のメロディや歌詞を勝手に変更されたりしても、それを飲まざるを得ない境遇に身を置くということでもあるのです。大きなレコード会社に所属すれば制作費用や活動費用の心配はなくなりますが、自分たちらしい音楽を、自分たちらしいスタイルのまま続けたいと考えているバンドにとって、メジャーデビューをすることはある意味デメリットが大きいと言えるでしょう。

もちろんインディーズバンドの場合、CDの制作費や広告費、ライブを行うための活動費などを自分たちで賄わなければならないというデメリットもあるのですが、実力のあるインディーズバンドにはコアなファンがつき、ライブの動員数やCDの売り上げも、駆け出しのバンドより苦境に立たされることは少ないでしょう。好きなことをやり続けるというのは難しいことではありますが、それを貫くこともインディーズバンドの魅力であり、コアなファンが多い理由なのかもしれません。